2012.08.11     カテゴリ:  未分類 

   アロカシアの葉裏には

P4254628.jpg

Onomastus kanoi

やっとこさ大きな山を乗り越えて家に帰ってきました。
なんとか無事終えられたことに対する安堵感でいっぱいですが、今日もまたお仕事です笑

さて、朝夜は涼しいところから帰ってきたのでこっちに帰ってきた時のこの湿度と気温には辟易させられます。
南の島も思い出してしまうものだから余計に。

今日のクモは麗しきカノウハエトリ。透明な緑色の体をしていて、フラッシュを当てると虹色光沢が出る時もある。眼が黒くなっているのは眼の中の光を受ける細胞が特殊な構造をしているから。

山中で特定の植物を捲るとほぼ見つかるのだけど(この写真は眼の反射を撮りたくて枝につかまらせたとこ)、それが分かるまではなかなか見つからない。
恐らくあれは同所的に大量にいるカスミカメの幼虫から成虫までを主な餌としているからなんじゃないかと思う。
でもまだ捕食しているところを見たことが無いから確証はもてない。

まだよく分からないのは一枚の葉に一匹ずついること。カノウハエトリが何匹もいようが餌は豊富にあるのだけれど。。何十匹と見てきたけど今のところ例外なく一枚に一匹。
テリトリーでも張っているのだろうか。

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この眼…ふざけてるでしょ?笑
綺麗ですねぇ。。。
透明感があって素敵です!
こんな美しいハエトリがいたとは!
ハエトリグモって毛むくじゃらのイメージが強いので、コレは鮮烈っ!

写真も美しいデスねぇ・・
TOMBO様

最初は訳が分からなかったです笑

ほんとにちっちゃいんですがファインダー通して見た時の感動は今でも忘れられません。


クマG様

ほんとに美しいです。
沖縄本島には他にもタニカワヨリメハエトリというのがいるんですが、それもこんな感じの雰囲気です。眼の大きさは微妙に割合が違いますが。。

ほんとは葉裏にいるところをでっかく撮りたいんですが、こやつはテレコンかまさないとちょっと辛い大きさなのです。
とはいえお褒め頂きありがとうございます!




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム