2012.09.29     カテゴリ:  菌類 Fungi 

   お客さん

P9057150s.jpg

谷間にどっしりと倒れていた倒木から発生していたアオモジホコリ Physarum viride


P9057147s.jpg

P9057147d.jpg

トリミングするとこんな感じです。

これを撮影したのが夜の11時30分。

そして下の写真を撮影したのが朝の4時30分
粘菌の子実体形成は夜暗くなってからが本番なので徹夜してあちこち見て回って、数時間起きに見に行くのがとても楽しいのです。


P9067305s.jpg


撮影してるとイボトビムシの仲間が。多くの種が雑食性であるらしいので粘菌の胞子やキノコの菌糸、バクテリアなどを食べに来たのでしょうか。

P9067308s.jpg



こちらはたまたま飛んできたヒシバッタ。

P9067324s.jpg

朝っぽい写真ですが、まだ真っ暗な森の中での出来事。



アオモジホコリはこの後子嚢壁が割れてこうなります。


P9097640s.jpg

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム