2012.10.31     カテゴリ:  腹足綱 Gastropoda 

   黒いベッコウマイマイ

P4264956.jpg

Bekkochlamys perfragilis

沖縄の沢沿いを歩いていると見慣れないマイマイが樹上を這っていた。
ぱっと見ベッコウマイマイなんだけど普段見るベッコウマイマイとは随分雰囲気が違う。
(普通のベッコウマイマイはこちら→ベッコウマイマイ

マイマイの掲示板で聞くとベッコウマイマイという返事があったのでそれで合っているのだと思いますが、これは個体差なのか変異なのか。。腹足背側のシワの入り方もちょっと違うような。

とにもかくにもめちゃくちゃ格好良い個体でした。写真がダメダメですが・・・汗

動いている時は外套膜が殻を覆うために表面がこのようなぬめぬめした感じになっていて、死んでしまうと模様は無くなって普通の殻っぽくなってしまいます。アオミオカタニシなんかも死んでしまうと、あれは体の色合いなので普通の茶色の殻になってしまうのです。殻欲しいなぁと思って死んだら標本にしようと思った時はショックでした。


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
へー、随分違うんですね。擬態でしょうか?
俊樹様

初めまして!

擬態、というのは考えたことがありませんでした。
ベッコウマイマイは文献でも何かに擬態しているというのは見たことが無いので小生ではちょっと分かりませぬ。。
仮にこの色が擬態だとすると普段よく見る色合いが上記の普通のベッコウマイマイのリンクの色合いなのでこういった色彩の個体が擬態しているとは考えずらいですが・・・

今のところはよく分からないです。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム