2012.12.02     カテゴリ:  未分類 

   ザトウムシの交尾

PC010014s.jpg

キノボリトタテグモを探しているとザトウムシが交尾していました。
交接の様子をちゃんと見たことが無かったのでファインダー越しに観察してみることに。
こういう時カメラは便利ですね。テレコン付けてるから尚更。

左が雌で右が雄です。


雄は触肢を雌の第一脚に絡ませてしっかりと固定。

雌は触肢を雄の陰茎を下から支える形で押さえ、鋏角を使って雄の陰茎をゆっくりと丁寧に擦っています。

手前に擦って行くたびに雌の生殖器の手前に見えている部分の雄の陰茎が少し膨らんだような感じになりますが、
ストロボのチャージが間に合わなくて撮影出来ず。

雌がこのような行動をするとは全く知らなかったので文献を探しているのですがなかなか上手く引っかからないですねぇ。


PC010089.jpg


PC010090.jpg

蜘蛛なんかは交接の時にこのように雌が補助をしたりとかしないので不思議な気分でした
。蜘蛛綱の他のグループでもこういった行動をするのはいるのだろうか。

蜘蛛が間接的に精子を受け渡すのに対し、ザトウムシは陰茎を直接雌の生殖器に挿入するので交接では無く交尾を行います。
アカザトウムシ類のあの触肢はどういう風に使うんだろうなぁ。。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
おおおお!

素晴らしい鮮明な写真!!
さすがシークくん・・・

ほんとに、♀が陰茎を支えているのが分かる。
興味深い行動デスね。。

クマ G様

いやー興奮しましたよ!!目の前で雌が雄の陰茎擦ってるんですもの!
それに合わせて雄の陰茎も卑猥な動きを見せるしで。。

これは他の種類でも是非確かめねばと思って、とあるところでザトウムシ買ってしまいました。
素晴らしいですね…
野外でこんな貴重な写真が撮れるなんてすご過ぎます!

さきほどモエギザトウムシが、交尾?しているのを発見したのですが、撮ろうと思ってあわててしまい、結局逃げられてしまいました。悔しい…
2頭が出会ってすぐに顔をくっつけてごにょごにょしていました。邪魔してしまったため、5秒間ぐらいで離れてしまったので交尾は失敗に終わってしまったかもですね…。余計なことをしてしまいました。

かわおさむし様

すっかり遅くなってしまってすみませぬ。。

この時は牛歩戦術で結構な時間をかけて近づいて撮りましたです。

やはり振動や息には敏感ですぐに離れて止めてしまいますよね汗
僕も失敗している回数のほうが多いです。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム