2013.01.07     カテゴリ:  ダニ目 Acari 

   テディ・・ダニ

P1061973.jpg

ゴミツケタカラダニ属の一種 Caeculisoma sp.

昨日は待ちに待った
AntRoomさんとのイソカニムシ探しに行ってきました!
その時に石をひっくり返して見つけた可愛らしいダニ。
今日職場に持っていったらテディベアみたい!と言われてはっ!となったのでタイトルにしてみました。

目の配置や脚の脛節の部分にある瘤が同定のキーとなってゴミツケタカラダニ属までは落とせたのですが、種までは落ちませんでした。
どうやら青木先生の土壌動物検索図説の記述を見るに日本には一種が分布しているとあるのですがまだはっきりとしていない仲間のようで文献を探しているのですがなかなか見つかりません。
分布もよく分かっていないようです。


P1061976.jpg


下の写真が脛節にある瘤。初めはダニが付いているのかと思いましたが海外の同属の拡大写真に同じような瘤がそれとして載っていました。

DSCN6185.jpg


そしてこのゴミツケタカラダニの仲間を撮影している島田さん。
P1061978.jpg

この一枚前の写真ではちょっと口元が緩んでいる島田さんの姿が・・・笑


また、去年の年末に千葉県でイソカニムシを探して時にも似たようなダニが見つかっているのですが、これは撮影だけして採集し忘れていたので同定が出来ませんでした。どうもサイズ的にも形態的にも目の後ろにある構造的にもこの種類の幼体のような気もしなくはないのですが、ダニのことは良く分からないのでなんとも言えません。。

PC231063.jpg

それにしてもなんて可愛いダニなんでしょう。どなたかぬいぐるみを作ってくれませんか?笑

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このダニ、すごい・・

いやいやザトウムシ、カニムシからダニまで、微小世界の住人がこんなにもカッコいいだなんて・・
ヤバイねこりゃ。

ところで、夢の国の樹皮の裏には、どんな仲間がいたのかが気になりマス(笑)
クマG様

結構このダニでっかいんですよ!
3mmもあります。
標本にしてしまいましたが動いているところの可愛いこと可愛いこと。。

小さな世界は面白いですね。どこまで小さくなっても凄い作りの生き物がいっぱいいますしキリが無いです。
たぶんマクロで撮れる1mm前後位までの生き物ならしばらくはまっていそうです笑

樹皮下は何もいませんでした。というかもう人目がありすぎてそれどころではなかったです汗
もうほとんど剥がれかけのでしたし。。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム