2013.01.13     カテゴリ:  未分類 

   ニホンアカザトウムシ

P1122094s.jpg

Pseudobianntes japonicus

カニムシいないかなと倒木をひっくり返したところ、うずくまっているニホンアカザトウムシがいました。
これはラッキーと思い撮影しようと脚を掴んだところ、先日記事にもした(
Metagyndes innata)臭い液体をニホンアカザトウムシも出してきました。
図鑑通り白色でしたが、雌雄での差が無いか、今度捕まえた時の楽しみが増えました。


またニホンアカザトウムシの雄とシマアカザトウムシの雄の横からの写真が揃ったことで触肢腿節の棘の違いが分かるなぁと思い帰ってから見比べてみると一目瞭然でした。
シマアカだけ見ていた時は格好良いと思っただけで気にもしなかったなぁ。
ちなみにシマアカの雌はもっと細いほんとに針の様な棘が並んでおります。


P4265201.jpg


P4265235.jpg

しかしアカザトウムシの仲間のこのほっぺたはやはり可愛すぎる。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
よく撮れますね、こんなに!プロフィールにある機材で撮ってるんですか??
混沌様

こんにちは!

ありがとうございます。
>機材
そうですね。あとはストロボを使用しております。
あ、1mmとかのやつはもちろんトリミングしております。
でないとあそこまで大きくならないす。

手があと二つくらい欲しいなぁと思っています。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム