2013.03.11     カテゴリ:  未分類 

   コアカザトウムシ

Roccoが石の下で見つけたコアカザトウムシ。
琥珀の様な輝きの触肢が美しい。


2倍テレコン+35㎜マクロ+スーパーマクロレンズの組み合わせで撮影。
2枚目がトリミング無しです。
体長は1mmちょっとです。

なかなか触肢を伸ばしてくれなくて下面側がどうなっているのかいまいち分からない。
採集はしてあるから顕微鏡で覗くのを楽しみにしてます。


P3102803.jpg

P3102806.jpg

P3102809.jpg

上の写真では眼丘がふっくらと膨らんでいるのが分かりやすい。

P3102793.jpg

動きは結構散漫で、他の日本産アカザトウムシに比べると相当遅い。八重山に分布するイシカワアシボソザトウムシなんかはかなり動きが早くて驚いた。瞬間的な早さはなかなかのもの。

本種は何を食べているのだろうか。次の課題。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
かっこいい。

小さいながらも、やはりアカザトウムシの形状はかっこいいデスね…
やはりこの透明の触肢がどうなっているのかが非常に気になるところ。

それにしてもスーパーマクロ!!
地面にへばりつくジークくんの姿が目に浮かびまシタ(笑)
クマG様

肉眼でもザトウムシって分かるくらいのギリギリのサイズなのもまた良いですね。
触肢は腿節下面に数本の短めの棘がありましたが、これだけ小さいとだいぶ見づらいですね汗
標本にする時に触肢を伸ばした状態にしておくかなんかしないと、後から伸ばすのがかなり困難でした。

この時はあまり這いつくばらずにスマートに撮影できましたよ!笑




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム