2013.10.27     カテゴリ:  両生綱 Amphibia 

   秋のサンショウウオ探し。

PA278364.jpg

2013/10 山梨県

台風が神回避してくれたので、降雨と気温の低下でキノコとかサンショウウオとか良いかなぁと思って急遽ずっと通っている沢へ行ってきました。

レンタカーを借りようと思ったら、流石に出発4時間前だともう空きが全然なくていつもとは違う会社で借りました。
今回はフィットシャトルだったのですが、あれなかなか良いですね。燃費も良いし適度に広いし安いし。
お気に入りになりました。


とりあえず夜に後輩、先輩と合流してそのまま林道を走らせて沢へ。
予想以上に寒くて蛾は全然だめでした。ショック。まあ来週は蛾だけ探しに行くので良しとしました。


PA278167.jpg

Onychodactylus japonicus

2013/10 山梨県

ってことで一発目は先輩が見つけたハコネサンショウウオ。
やはり越冬前はああいうところに。ここが探しやすいというのもありますが越冬前のハコネ成体はこれで4回目です。

それにしてもこのサイズは今年上陸くらいだろうか。こんな小さいのは初めてでした。




PA278285.jpg

Hynobius kimurae

2013/10 山梨県

車中泊したあと、早速沢へ。次に出たのはなんとヒダサンショウウオ。沢から少し離れた石の下で後輩が発見してくれました。
天候や気温の変化など感じとってこういう時期に沢へ徐々に降りてくるのでしょうか。
陸地で見たのは初めてです。

いつも沢の中で見る質感とは全然違って皮膚がゴムっぽい感じでした。
不思議。



PA278296.jpg

Onychodactylus japonicus

2013/10 山梨県


そして最後にやっと自分でハコネ成体。

図鑑で言うところのマックスサイズで大きな個体でした。

やはり可愛い。



PA278300.jpg

Onychodactylus japonicus

2013/10 山梨県

有尾の良さを再確認した一日でした。



PA278441.jpg
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム