2014.01.05     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   石英蝸牛

P1039545.jpg

Helicopsyche sp.

2013.1 神奈川県

どこで知ったか忘れてしまったが、一度その姿を見てからどうしても見たくなったカタツムリトビケラ。
砂粒を使って巣を作るトビケラには魅力的な形の巣をしたものが多いが、この仲間はなんと巻貝状の巣を作る。
微細な石英が多いので(これは他の種でもいるが)とても美しい。

そんなトビケラを探しに男5人で神奈川県へ。
そう本命はこれだったのです。


P1039525.jpg

これは一番最初に僕が見つけた1mmくらいの巣(久しぶりの第一発見。ホッ...)。
初めは半信半疑でしたが撮影してみたらちゃんとカタツムリの殻の形をしていた。

と喜んでいたら隣でうおーいっぱいいたという声。


P1039596.jpg

ほんとにいっぱいついてる。
この後、他の場所でも探してみたら(と言ってもその途中にガレ場がちょこちょこあるもんだからカニムシばかり探していて他の人が見つけた)やはりいる。
染みだし水がある崖表面やその石下などにくっついているのだが、水が滴っていない場所でも先輩が発見。


P1049628.jpg

多少濡れてはいるが、中身はいない。

P1049632.jpg

よくまあこんなに隙間なく繋げるものだなぁと感動した。

P1049641.jpg

生息環境。


割とあちこちにいるようなので、思い当たる染みだしを片っ端から探したくなった。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お褒めいただきありがとうございます。
たまにブログ拝見しておりました。ハリオアマツバメ良いですよね。
曇りの日に真近で見られてから好きになりました。

FB、是非お願い致します。お待ちしておりますね!




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム