2014.03.23     カテゴリ:  トビムシ目 Collembola 

   エビガラトビムシ属の一種

P3090315.jpg

エビガラトビムシ属の一種 Homaloproctus sp.

2014.3 岩手県

またその姿を見たくて石やら倒木やらを起こしていたら今年もまた会えました。


P3090324.jpg

大量に見つかるところではこのような光景が倒木の裏側全体に広がっていて夥しい数が見つかります。
これでも倒木をひっくり返してから少し時間が経ってかなり減っている方。
遠目に見ると5㎜前後あるのでダンゴムシのように見えます。

5月に夏油の方のガレ場で見た時は凄まじい数の個体が石の裏や表面を歩いていた。

表面を一心不乱に齧っています。


P3090335.jpg

また突くと一応防御姿勢なのかこのように丸まろうとしますが完璧には丸まれず。
すぐに起き上がって逃げ出す個体もいれば、しばらく丸まった状態でいる個体もいます。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
こやつらはたまに水面を漂っている連中ですか?
Nyandfulさん

こやつらは水面は漂わないですが、漂っているやつらもいます。
田んぼとか沢の水際とか、洞窟内の水たまりとか。

エビガラトビムシは湿った林床の倒木下や石の下にいるのですが、割と希少な種類のようです。僕はまだ岩手でしか見たことがありません。

凄まじくかあいいやつらです。かわいいではなくかあいいです。




プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

僕が関わった本が発売されました。素晴らしい内容だと思いますので是非。
超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2017 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム