カテゴリー 《 爬虫綱 Reptilia 》   全7ページ

2014.12.13     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   シマヘビと。

P7246254_n.jpg

2014.7 東京都

真昼間にシマヘビがタカチホを捕食しているのは割と珍しいんじゃないかと思います。
ここは昼でもかなり暗い落葉広葉樹の森なのでタカチホが活動していたのか、それとも林内を移動中に見つけたのか...

P7246258_n.jpg

P7246269_n.jpg

久々にRoccoの写真でした。設定はストロボを微弱に炊いてSS1/25で撮っているようです。

なかなか良い写真でちょっと悔しい。

2014.10.17     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   ヤマカガシ

IMG_4920_n.jpg

2014.9 岩手県

今年生まれのおちび。青いヤマカガシなんて都市伝説だと思っていたけど、先日知人より頂いた写真は凄く綺麗な青だった。
あんなの見たいに決まっている。

ちなみにこの撮影地のすぐ近くでは2年前に140cmオーバーの特大ヤマカガシが出現した。家の軒先でバスキングしていて、その家のおばあちゃんがたたき殺そうと箒を持ってきていたところでギリギリ間に合って山においてきた。本当に大きくてコブラのようだった。

2014.09.17     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   タカチホ

P8126649_n_n.jpg

2012.8 山梨県

以前の記事でも取り上げたこのタカチホ。
その後も見つけてはいるものの、このサイズを抜く個体は一匹も出ない。

やはり相当出かかったなぁ。両爬屋さんならこの顔見ただけで分かると思われる。
脱皮前で謎の質感を醸し出している。

2014.09.10     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   ヘビのもちかた

IMG_5037.jpg

今年はほんとうによくジムグリと出会う。この個体は僕らのすぐ後ろで父親が見つけた個体。

こんな感じで持っています。

2014.05.14     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   ジムグリ

P5142006.jpg

Euprepiophis conspicillatus
2014.5 埼玉県

今年4匹目のジムグリ。
なんだか今まであまり遭遇しなかったのが嘘のように今年は出会う。
去年は仕事含めて6匹(だったか?)なのでもう追いつきそうだ。
やはり暑いのは苦手なのか、去年も今年もほとんど春と秋に出会ってる。

この個体は林縁の日陰になっている倒木脇に体の一部が落ち葉の隙間から見えたのを捕まえた。

実はこれで80cmほどあったのだけど、結構しっかり模様が残っていて格好良かった。


P5142004.jpg

ストロボを炊いたらくすんでいた色が普通のジムグリっぽい色になった。

2014.05.04     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   巻く

P9176495.jpg

Takydromus formosanus
2013.9 Taiwan

起きてしまってますがこんな寝方もありなのですね。枝先や葉の上で普通に寝ているところしか見たこと無かったです。

2014.05.03     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   地潜

P5031690.jpg

ジムグリ Euprepiophis conspicillatus
2014.5 東京都

リンク先の
もっさんと春の野山で遊んできました。先に帰ると言って一旦別れたもっさんは手にジムグリを持って戻ってきました笑

ジムグリは今年これで3匹目。今年も蛇運来ると良いなぁ。

2013.10.13     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   紅斑蛇

P9166031.jpg

Dinodon rufozonatum

2013/9 Taiwan

烏来でRoccoが沢で見つけたアカマダラ。まさか先に台湾で見る事になろうとは。厳密には違うのだったっけ...?

沢の崖斜面を這っておりました。

日本では環境省のRLで隼絶滅危惧種ですが、あちらの方では普通種のようです。山渓の本にも大量の~の下りが載っていますね。

P9166063.jpg

渋い。ストロボの当て方のせいもありますが、かなりくすんだ個体でした。

2013.10.07     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   マムシ

P9287378.jpg

Gloydius blomhoffii

2013/9 山梨県

2013.10.06     カテゴリ:  爬虫綱 Reptilia 

   台湾草蜥

P9176536q.jpg

Takydromus formosanus

2013/9 Taiwan


P9176529.jpg

蓬莱草蜥T.stejnegeriとも迷ったものの、腹面鱗列数が6だったため台湾蜥蜴自然史の検索表で本種とした。言葉足らずでした。4-6です。

腹部の鮮烈な黄色が美しい。



プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム