カテゴリー 《 昆虫綱 Insecta 》   全21ページ

2015.07.20     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   待ち時間

IMG_7776_n.jpg

villa Afghanでの大行列の順番待ちの際に辺りをふらふら散歩しているとガラス館の庭にトラマルハナバチ(?)。
鳥屋の後輩と嫁を背景に入れて撮影。


IMG_7782_n.jpg

こちらはエゾゼミの幼虫かなぁ。
もう結構鳴いていました。

どちらも10-18mmで。

2015.07.13     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   オオトラフコガネ

20150713220505abe.jpg
クリックで拡大


2011.6 東京都

今週末は台風かー… 台風…

そんなことはさておき、オオトラフコガネ最近あまり出会いがありません。
まあそういうところに行ってないだけの話なんですが。。
久々に見たいなぁ。

2015.06.07     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   アカスジツヤシデムシ

IMG_5609_n.jpg

アカスジツヤシデムシ Pteroloma rufovittatum
2015.6 山梨県

マメザトウムシの脱皮シーンを探すために丹念に朽木や立ち枯れなどを見て回っていると、昼間から苔むした倒木の側面を歩いている個体を見つけました。
マメザトウムシの脱皮殻を採集して次の倒木へと目を周囲にやると、数m離れたところでも分かるその存在感。

落ちる前にと駆け寄って無事撮影できました。基本的にエタノールしか持ち歩いていないので採集はしてません。

IMG_5596_n.jpg

頭隠して尻隠さずばかりで隠れる気はあるのだろうかと問い詰めたくなった。

にしてもほんとに美しい。

前回と全く同じ場所で見つけました。今見てみたら、前もザトウムシ探しで見つけてたのですね笑

2015.05.21     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   アラゲオオヒラタカメムシ

IMG_1126_n.jpg

Mezira subsetosa
2015.5 岩手県

カメムシBBSのかりしうすさんに教えていただきました。
表面の模様というか構造が彫刻のようでとても美しい。


IMG_1630_n.jpg

こちらは体長2mmほどのオオヒラタカメムシ亜科の幼虫。ヒラタカメムシは自分の力では育てられないので採集せず。。

2015.05.13     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   クチキクシヒゲムシ♀

IMG_2822_n.jpg

クチキクシヒゲムシ Sandalus segnis
2015.5 東京都

仕事終わりに近場の里地へ。
こっちのムササビは最近あの樹洞を使っているのだろうかと痕跡探し。
食痕も糞もあったので、まだいるんだなと安堵して立ち上がると目の前に何処かで見た姿。

クチキクシヒゲムシ!?あれ、まだ5月上旬だよなぁと疑心暗鬼になるもどう見てもクチキクシヒゲムシ。
一昨年の7月の青森以来です。

アメリカのクチキクシヒゲムシ科の種ではセミの幼虫に寄生することが知られているが、日本のはまだ未知だったはず。

なんでもアメリカでの知見というのはセミの幼虫の体内にいた本種の蛹1匹を見つけてそれを羽化させた(Craighead, 1921)、とのことです。

日本からは本種とアマミクチキクシヒゲムシ、ヤエヤマクチキクシヒゲムシの3種が知られる。
アマミとヤエヤマは上翅が格好良い。と聞いた。

IMG_2833_n.jpg

顎が前方に突出していて、基部が赤いのが格好良い。見つけたときはスギの樹表面をガシガシしていたように見えた。

IMG_2801_n.jpg

息を吹きかけると翅を開こうとします(でも飛ぶわけではない)。

IMG_2743_n.jpg

2015.05.08     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   エゾヨツメ

IMG_0725_n.jpg

エゾヨツメ Aglia japonica
2015.5 岩手県

IMG_0800_n.jpg

IMG_0793_n.jpg


最後はやはり手乗り。
IMG_0854_n.jpg

2015.05.07     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   東北のガロアムシ

IMG_1445_n.jpg

IMG_1449_n.jpg

ガロアムシ科の一種 Grylloblattidae gen. sp.
2015.5 岩手県

日本産土壌動物第二版によると、日本には1属6種が知られており、
・複眼のない2種(イシイムシ Galloisiana notabilis 、メギシマガロアムシ G. chujoi )、
・複眼のある4種(ガロアムシ Galloisiana nipponensis 、オオガロアムシ Galloisiana kiyosawai 、
ヒメガロアムシ Galloisiana yuasai 、エゾガロアムシ Galloisiana yezoensis )

が記載されているようだ。

解説を見るとどれも東北は分布域に入っていないのが気がかり。
今回の個体は複数個体見るもたぶん幼虫(乳白色だから)だったので採集はしなかった。
岩手の久慈市の方で採れたガロアムシの成虫を1頭採集しているので然るべき人または機関にいつかお渡しできればいいなと思っている。

眼が褐色で小さいのが印象的。

以前東京で見つけたガロアムシの一種↓


PC080088_201505071837394bc.jpg

PC080097_20150507183741534.jpg

尾角が7節で、前胸肺の長さがその最大幅に等しいのでヒメガロアムシ、とするのはこれが成虫なのか幼虫なのか分からないので種同定までは避けておきました。

2015.04.18     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   真紅のアオオサ

IMG_6989_mm.jpg


南房総のアカオサ。
今のところ、山の中を歩いていて見かけたのは10匹くらいで全部赤かった。
結構綺麗だなぁと思い、持ち帰ってきました。

話は変わるのですが、先日カメラをクリーニングに出したのですが、めちゃくちゃ画像が綺麗になっていてびっくりしました。
今組んでいるレンズの組み合わせでは今まではピント合ってるはずなのに、微妙に合っていないような、謎の画質になってしまっててシャープを強めにかけてたんですが、昨日改めてレイノックスを外した状態で撮影してみると物凄い綺麗。ちなみに上の写真は60mmマクロ単体です。

IMG_7012_n.jpg

F7.1、SS1/320、ISO200で撮影。(クリックで拡大)

IMG_7012_nn.jpg

上の写真をピクセル等倍くらいにトリミング。(クリックで拡大)

ハイスピードシンクロ対応のストロボや、動画撮影用の広範囲に明るく照らしてくれる強めのLEDライトも購入したので、今年のフィールドが楽しみになりました。

2015.03.16     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   シモフリスズメのようちう。

IMG_6911_n.jpg

2014.9 岩手県 

親戚のおんちゃんが庭の植木にいたのを見かけてわざわざ僕ら夫婦のために飼育してくれていた。

IMG_6910.jpg

そういえば日本産土壌動物第二版が来ました。
これは物凄いボリューム。日曜日は延々と眺めてました。

2015.02.01     カテゴリ:  昆虫綱 Insecta 

   ヒラタマルハキバガ類の一種

IMG_1205_n_20150201222544cb0.jpg

2014.12 岩手県

フユシャクや越冬キリガなど以外にも成虫で越冬する蛾がいるのを初めて知りました。
樹皮下にて。


プロフィール

ジーク

Author:ジーク
そろそろ30歳が見えてきた

こちらでもカニムシヤザトウムシなどいろいろ書いています。→ホームページ

こちらにもたまに投稿しております→WEB自然図鑑
名前はここと変わらずジークでやっておりますので宜しくお願いします。

Copy right (C) 2009-2016 ジーク(Jiku). All rights reserved.

連絡先はこちら↓
Email adress:kuroishibaken22@gmail.com


妻のRoccoの細密画作品

細密画『ニホンマムシ』
細密画『日本のカエル4種』

【最近のお気に入りの生き物】

ケアシザトウムシ

キタカミメクラツチカニムシ

ツムガタアゴザトウムシ

サスマタアゴザトウムシ

ウエノコンボウマルトビムシ

※使用カメラ
2009年 Richo R-10
2010年2月~10月 お借りしていたOlympus E-500
2010年11月~妻のOlympus E-620を共同で。
2011年4月 先輩からE-510を格安で購入。
2013年5月 E-30。
2014年6月 Canon 70D



QRコード
QRコード
検索フォーム